ビットコイン買いたい【購入する場所・取引】簡単にできます

 

ビットコイン買いたい

 

だけどどこで買うの?
どうやって買うの?
ちゃんとまたお金に変えれるの?

 

などわからないことがたくさんあります。

 

とりあえずすぐに買いたい方はビットフライヤーが安全で簡単に買えます。
ビットフライヤーのWEBサイトはこちらをクリック↓

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットコインの投資・買うにはbitFlyerがおすすめ

ビットコインの投資に購入にはbitFlyer(ビットフライヤー)という日本の仮想通貨取引所での購入がお得になっています。今回はbit Flyerについてまとめました。
ニホン株式会社bitFlyerが運営している「bitFlyer」というサイトでは、簡単にアカウントを制作し携帯電話登録・本人情報登録・銀行口座情報確認を完了すれば日本円を簡単にビットコインを1円の単位から購入する事が出来ます。

 

登録方法はまずbitFlyerのアカウントを作成していきます。次に設定で姓・名・性別・生年月日・住所・電話番号・銀行口座情報を入力します。その後登録した銀行口座からbitFlyerの口座に日本円を振り込み、日本円からビットコインに交換すればすぐにビットコインを手に入れることが出来ます。

 

上記のとおりに登録する事でbitFlyerのアカウントクラスが「プレミアムエコノミー」と言うクラスにアップグレードされ、bitFlyerの口座に日本円を入金出来るようになり、日本円とビットコインを管理できるようになります。

 

またbitFlyerのクレジットカードでビットコインを購入する事も勿論可能ですが、その際には「プレミアムエコノミー」クラスからアカウントクラスを「ビジネスクラス」にアップグレードする必要があります。

 

そのためには本人確認資料が必要で、免許証・パスポート・マイナンバーカード・外国人登録書といった提出書類と本人が一緒に写っている写真を指定ページからのアップロードをする必要があります。

 

>>bitFlyer(ビットフライヤー)のwebサイトはこちら

 

ビットコインの買いたい:ビットコインの買い方

ビットコインを買いたい人にビットコインの購入方法について説明していきます。

 

ビットコインの購入にはビットコインを売買する取引所を経由して手続きをしていきます。

 

取引所は日本国内の取引所と海外の取引所がありますが、今回は日本国内の取引所でのビットコインの購入方法をご紹介していきます。

 

ビットコインは専用のATMでの購入も可能ですが、まだあまり普及していないためネットやスマートフォンからの購入方法がメインとなります。取引所もいくつか存在しますがその取引所の中でも国内シェアが大きいものが「Coincheck(コインチェック)」です。

 

取引がしやすいので国内で人気になっている取引所です。

 

購入方法は始めに取引所に日本円を預け、その預けた日本円でビットコインを購入します。

 

コインチェックには、クイック入金・コンビニ入金・銀行振り込み・クレジットカード決済の4つの方法で日本円を預ける事が可能です。

 

クイック入金とはパソコン・スマートフォン・ATMからの料金の支払いができるサービスの事で、そのメリットとしては金融機関の営業時間に関係なく24時間365日決済をすることが出来る点です。デメリットは手数料が756円かかってしまう点です。

 

またコンビニでも同じ手数料の支払いが必要になります。

 

銀行振り込みの場合は、土日と平日の15時を過ぎると翌日等の入金になってしまうのでリアルタイムで取引をしたい方には向いていません。

 

ですから一番お勧めの購入方法は手数料もかからず即時で支払いが出来る、クレジットカードでの購入です。

そもそもビットコインとは

ビットコインを買いたいと思っている人の中にもそもそもビットコインがなになのかわかっていない人もいると思います。

ビットコイン買いたい

ここ最近良く耳にする「ビットコイン」というものをご存知でしょうか。一体どういうものなのかを詳しく説明していきます。

 

ビットコインとは何かとひとことで言うと「仮想通貨」です。

 

分かりやすい例を挙げるのであれば特定のWebサイトでのみ使用できるポイントも仮想通貨の一つになります。

 

1000円で1000円分のポイントが購入ができ、そのサイト内のみですが1000円分実際に使うことが出来ます。

 

つまり「実際に手元に存在するわけではないけれど通貨としての役目を果たすもの」です。

 

ビットコインの単位は「BTC」(ビーティーシー)と表記され、円やドルのように1円1ドルと同じで1BTC(1ビットコイン)と数えることが出来ます。

 

ビットコインが使えるものを利用することで様々な物やサービスを購入する事が出来ます。

 

ではポイントとビットコインとの違いは何でしょうか。まずは作られた背景から全く異なります。

 

特定のWebサイト内でのみ使えるポイントなどの仮想通貨の場合、企業単位で作られていてその利用者を囲い込むことで、サイトを使ってもらい利益を上げることを目的として作られています。

 

一方のビットコインは国家単位で使われている円やドルと同じように、経済活動を円滑に進められるようにと作られた仮想通貨なのです。

 

そのためビットコインは世界中で使える事を目的に開発されているので、近い未来には円やドルと同じように利便性の高い通貨になるとも言われています。

 

ビットコインの価格

ビットコインの価格について説明をしていきます。仮想通貨のビットコインの価格はどのように決められているのでしょうか。ビットコインには普通の通貨のように中央銀行や国といった物が背景に無いので、その価格を決めているのは取引をしている人達全員ということになります。

 

ビットコインの価格は2009年から2011年ほどまで全く価値のない1BTC=0.00USDという価値でした。

 

しかし2011年頃になるとビットコインの将来性に気づいた方が徐々に増え始め、2013年になると突如としてその価値が上昇し、1BTC=1.100USD前後という価値になったのです。

 

その後上がり下がりをくり返しながら価格は低下し2015年あたりから再び上昇して2017年1月には再度急上昇しています。2016年12月初めには9万円くらいでしたが、年明けには15万円を超えており、たった1か月で6万円も上がりその後10万円台に徐々に落ちついてきています。

 

2017年7月ころには1ビットコインが25万〜30万円くらいになりその後も上がり続け2017年12月8日には1ビットコインが220万円になるくらいになりかなり大儲けした人がいるでしょう。

ビットコイン買いたい

 

ビットコインの価格は取引所のウェブサイトで確認する事ができます。

 

また取引所によっても価格差が出てくるので複数のサイトを行き来して確認したくなるかもしれませんが、それは効率が悪く、取引所によっては古い価格データなどが消えて見れなくなってしまっているは所があります。

 

ですから取引所間の価格差を確認したい場合には、外部のサービスを利用したほうが賢く効率的にビットコインの価格を見極めることが出来ます。
このようにビットコインは価格の決まり方や変化が大きさが特徴的なので、注目を集めて人気になっています。